サブスクについて

サブスクリプションとは?メリットや定額制との違いなど徹底解説!

最近話題を集めている“サブスクリプションサービス”。ビジネスの場だけでなく、私生活とも実は密接に関係しているのです!今回は初めて聞く方でもわかるサブスクリプションの“いろは”を説明していきます◎

サブスクリプションとは?

 元々、サブスクリプション(Subscription)とは定額制」や「予約購読という意味。

 最近ではスマホの拡大によって、一定の金額を払って1か月使い放題!というプランがたくさんありますよね。種類も多様化していて音楽動画だけでなく、飲食店など生活が一層楽しくなる媒体が様々!これからの生活に、より根強く広がっていくと話題のサービスです。

サブスクリプションとレンタル・定額制の違い

サブスクとレンタルとの違い

 サブスクリプションサービスとレンタルとの違いは、都度借りる継続するが大きな点です。

 サブスクの車とレンタルの車(レンタカー)が分かりやすい例!定額制の場合、乗っても乗らなくても一定期間借りることができ、レンタカーは使う日に都度利用するという違いがあります。

サブスクと定額制との違い

 では…「これまでの“定額制”と何が違うの?」と思う方も多いかもしれません。サブスクリプションサービスと定額制との違いは、利用者のニーズに合ったサービスを受けられるか否か。

 例えば、音楽サービスってSpotifyやLINE Music、Amazon Music、YouTube Musicなど5年前とは考えれられないほど、種類が充実していますよね。サービスごとにプランの種類が豊富で1人用や家族用など、利用者の生活においてベストなサービスを選ぶことができます。

 つまり、単にCDやレコードを集めるモノ消費から、満足度に重きを置いたコト消費の時代だからこそ、従来の定額制よりも質を重視したサブスクリプションが注目されているのです。

サブスクリプションのメリット

「サブスクリプションってどんなメリットがあるの?」
 そんな方にサブスクリプションのメリット、そして知っておくべきデメリットを解説していきます。

〇〇放題がお得

 定額制なので追加料金をかけない限り、月額の場合基本的に1か月の利用料金を超えることはありません。通勤通学で動画や音楽を見たり聞いたり、お昼ご飯を食べたり、家に帰って映画を観たり、休日にはドライブをしたり…。

 これら全てにサブスクリプションサービスがあるので、使い方によっては月の生活費を節約できます。

 また、スキップ機能があるサブスクも!毎月ではなく、2か月に1回や3か月に1回の利用にすることも可能です。ライフスタイルに合った方法で、サービスを使ってみてください。

モノが溜まる心配なし

 サブスクリプションは、モノを溜め込む必要が無い点も大きなメリット。必要な時に必要なだけ利用できるので、CDや雑誌などが家の中で増えることなくスッキリとした生活を送れます。

趣味が増えるチャンス

 「サブスクリプションサービスのおかげで趣味が多様化した!」なんていう声も。好きなことを気軽に始められて、しかも月額なら1か月と期限を決めて取り掛かれるので、趣味への初期投資が安く済む点は納得のメリットです。

OfficeやAdobeは常に最新版

 Office365Adobeといったソフトウェアの有料版では、最新版のソフトを利用できます!動画作成や画像編集、カメラ好きの方は必見◎

サブスクリプションのデメリットとは?

デメリットはずばり、払った料金の分だけ使用しないと損をすることです。定額制だからあれもこれもと手を付けても「実際1、2個しか利用してないや」なんてことも…。
ただ、選択次第でお得に充実感のある生活を送れるので、無料トライアルを使ってみて選択してみるのがおすすめです!

サブスクリプション解禁の意味って?

 ここでちょっとQ&A。よくSNSで見かける「サブスクリプション 解禁」という文字。「サブスクリプション 解禁」の具体的な例としては、Spotifyでaikoや嵐の楽曲が聴けるようになった点!

 aikoや嵐といったような有名アーティストの楽曲を、サブスクリプション(定額制)サービスで聴き放題(=解禁)できることが「サブスクリプション 解禁」の意味です。

サブスクリプションサービス・アプリの具体例

 それでは、サブスクリプションサービスの具体例を紹介した記事を、ジャンル別にアップしていきます。ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

サブスク×音楽・動画系

サブスク×車

サブスク×飲食・宅配

サブスク×ライフスタイル

サブスクリプションで生活を少しリッチに

使い方や選び方によっては、リーズナブルに生活がより濃密なものになるサブスクリプション(定額制)サービス!皆さんのライフスタイルに合わせて、ぜひ最適なサブスクを選びましょう。無料トライアルがあるものが多いので、そこから試してみるのも◎